読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパパ

インターネットは僕の嫁。Webサービスについて色々書いていきます。

Webサービスの思いつきをGumroadで実験してみたよ

 このブログは、僕がこれまでWebサービスを30くらい作ってきて、失敗したり成功したり色々体験していることをまとめています。

Webサービスについて考えるとき、僕がいつも心に留めている言葉があります。

 

「同じアイデアは1万人が思いつくと言われる。でもそれを作ることができるのは100人で,実際に作るのは10人,継続して成功させるのは1人」

 

来年こそWebサービスを作りたい人に伝えたい9つのこと」で、実際にプロトタイプを作ってみることが大事と書きましたが、実際に作る10人に入らないと、成功する1人にはなれないのですね。作る技術や知識があったとして、実際に作るというアクションに移すには、現状に満足しない情熱やバイタリティが欠かせません。作りかけても途中で挫折するなんてこともよく聞く話で、集中力が続く短い期間でプロトタイプを仕上げることも大事ですね。

 

今回のエントリーは「じゃあ、実際に作ってみよう」と思ったときに、Gumroadを活用すれば、アイディアの実地テストを超ミニマムに行えるよ、という話です。スピーディかつお手軽にできたら、とりあえず”作る人”にはなれそうな気がします。決済がからむようなWebサービスを企画しているときには、特に有効なんじゃないかなと思って書いてみました。

 

先週、僕は「普段使うメールのフッターに広告を掲載する」というアイディアを思いつきました。僕の友人で、フッターに友だちのサイトやサービスを紹介している人がいて、何度も見ているうちに、そのサービスを利用するようになっている自分に気づき、メールのフッター枠をアドネットワーク化して販売したらどうなるのだろう、という発想に至りました。

いまどきメール?と思った人もいるかもしれませんが、普段もっとも使っているコミュニケーションツールであるメールは、ある意味最強のソーシャルメディアでもあります。通常、メールフッターは、基本的に自分の連絡先やプロフィールを載せるものですが、このスペースを広告枠と販売してみたら面白いかも!?メールの署名設定を変えるだけなので、Gmailであればプラグインを使ったり、手動でも作業は1分で終わるのも楽ちんですね。

ただ、実際にシステムを作るとなると、決済や広告管理のシステムを組むのに、それなりの時間がかかりそうでした。まだアイディアレベルの段階で、決済手段を準備するのはとても億劫・・・と思っていたのです。

一応、ちゃんとした広告枠として実験してみたかったので、安くても料金をとって試したいなと考えていました。・・・と思っていたら、そういえばGumroadがあることを思い出しました。

無料でも募集することはできますが、実際にお金を払う人はどういう人で、どんなメリットを感じてお金を払うのか、というところを知りたかったので、30日間1,000円で募集してみることにしました。

f:id:hajimeataka:20120321100607p:plain

こんな感じで販売ページを作り、FacebookとTwitterでフィードしたところ、なんと20分もかからないうちに成約してしまいました。購入した方は、とあるブログを僕の周りにいる人たちに告知したいということで、申し込みをしてくれたそうです。ほかにも何人か申し込みを考えてくれた、あるいは面白いアイディアと言ってくれた方がいました。どんな広告が掲載されているか確認するために、久々に要件なしのメールをくれた方もいます。ataka[a]mowe.co.jp宛にメールくだされば広告枠をつけて返信します(笑)

「メールフッター3行広告」について友人・知人からはこんなフィードバック(おもにネガティブ意見を紹介)をもらいました。

・会社のメールでは絶対に使えない
・送る相手によって内容を変えたいが、毎回自分で設定するのは億劫
・宣伝は少し嫌だけど、友だちが困っていることなら助けたいかも 
・友だちだとお金をもらいづらい
などなど。

もちろん、企画段階である程度想像できることもありますが、実際に形にしたときに、ひとが感じることはリアリティがあってとても参考になります。こうした”生”のフィードバックがもらえることは大きいんじゃないかなぁと思ったのでした。

というわけで、今回掲載されている広告を見たい奇特な人や、このアイディアに一言物申したい方、3行広告に出稿/枠提供に興味がある方は hajimeataka[a]gmail.com までお気軽にご相談ください。あと、私もメールフッター枠売ってみたよという方はGumroadの無料宣伝ポータルGumadまで是非!