読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパパ

インターネットは僕の嫁。Webサービスについて色々書いていきます。

Webサービス作りは距離と時間を超えることができるのか?シリコンバレー⇔ホーチミン

このブログは、僕がこれまでWebサービスをいくつか作ってきて、失敗したり成功したり色々体験していることをまとめています。

僕らの会社、mowe, inc.はディレクター安宅とエンジニア杉本の2人の小さな会社です。昨年、Q&AなうというリアルタイムQ&Aサービスをバイアウトし、今年は時間と空間にとらわれない新しいチャレンジをしようと考えています。それは、自分のライフスタイルに合わせて働く環境をコントロールするという取り組みです。人生の中で大きく費やされる仕事の時間。その時間をどう過ごすかによって、その人の一生の幸福が決まってくるといっても大げさではないでしょう。

「会社名のメーヴェはドイツ語でカモメのこと。渡り鳥のように世界のどこにいても仕事が行えるスタイルを目指しています」と以前に予告したとおり、すでに僕はシリコンバレーに、杉本はベトナムのホーチミンに移動して新しいプロジェクトをスタートしています。時差にして14時間。お互い別々の場所に数カ月滞在して、新しいWebサービスやスマートフォンアプリを作っていこうと考えています。

シリコンバレーはIT/Webのメッカ、ベトナムは成長著しいアジアの新しい拠点ということで、こうした環境に身をおくことで、これまで日本にいたら出なかった発想や情報をもとに、より良いWebサービスを生み出せたらと思っています。こうした取り組みがうまくいくかはわかりませんが、考えるよりまず動いてみよということで、「とりあえず来てみました」というのが本当のところです。「少人数でWebサービスを作る僕らの仕事スタイル5つ」でも書いたとおり、もともと僕らは日本にいる時でもツールを駆使して、別々の場所で作業してきたので、なんとかなるんじゃないかと思ったりもしています。

こうした取り組みは、僕らが法人化する前、「仕事を同じ場所でやらないといけないっていう固定観念を壊したい」という話をしたところから来ています。時間と空間を超えるインターネットを生業にしている、僕らが率先して新しいライフスタイル/ワークスタイルにトライすることは意味があることじゃないかと考えています。

 

f:id:hajimeataka:20120329115126j:plain(滞在しているMenlon Parkの宿から)

個人的に心配していた花粉症もいまのところ症状が出ていないので、今年の春は楽ができそうです(シリコンバレーも花粉が飛んでいるらしい)。よく知られるようにシリコンバレーは気候はとても穏やかで、快晴の日が多く、海からの爽やかな風がそよいでいます。良いプロダクトを作ることはもとより、「ジャパンラブ」な僕の人生観さえ変わってしまう予感がしている今日この頃です。

今後、現地にいるイケテルWebサービスの運営者たちと交流して、可能な限りこちらのブログに掲載していこうと思っています。